心房細動

姉が大騒ぎで電話してきました。健康診断に行ったら「心房細動」と言われたって。心臓の拍動が一定でなく、ま、不整脈が常に起きている状態、ということですって。でも、ほおっておくと、当然、血の流れが悪くなります。
母がそうなのです。若いころから、どこで検査しても「おかしい」と言われ続けて、「よく仕事できますね」とも言われたそうです。でも、本人にしてみれば、なにも自覚症状がないので、どうしろって言われてもねー、と。
実は、この二人、いろいろ病気が似てるのですね。例えば潰瘍性大腸炎を相次いで患ったり。この病気、今ではよく聞きますが、当時は、これはなんだ、という感じでした。ストレスが原因だそうです。体質が似てるってことでしょうか。
でも、性格は似てないのです。体質と性格は、関係ないのですかね。で、心房細動もストレスが一番の原因とのことで、ま、ストレスに弱い体質、ということでしょうか。姉はすぐ態度に表してギャアギャアさわぎます。それで鬱憤はらすみたいに。
母はじっと我慢します。いつか時間が解決する、という考え。対照的です。でも、どちらもストレス解消にはなってないようですね。ストレスの解消法って、どういうのが効果的なのでしょうか。
ちなみに私は高血圧、高コレステロール。これは食べすぎです。ストレスとは、無関係です。ホームページ

あこがれのダイソン

ダイソンの掃除機、といえば、そりゃあもう、一度は我が家においで頂きたいものの一つです。数年前、結婚する後輩が冷蔵庫を買いにいくのに付き合って、家電量販店にいったら、ダイソンがお迎え。
うわあー、と二人で声だしました。でも、後輩曰く「音がすごいから集合住宅はダメ」と。とてもシビアな後輩で、将来のことを考えて猛勉強し、行政法人の大学職員に転職しました。すごい倍率なのに。
そういうとこまで気の付かない私、彼女がいなかったら衝動買いしてたでしょうね。でもあこがれはやみません。この頃、ハンデイタイプが出たので、母に相談。「これ、いいわね」。母曰く、あっても使わない。
そうかもしれない。帯に短し、かもね。でも、ほしいなー、て、自前で買う気はありませぬ。そしたら、羽根無し扇風機だの、ヘアドライヤーだのまで、ドンドン発売。いやあ、すごい攻撃ですね。
久しぶりに仕事場に泊まった夜中、上の階からすごい轟音。たとえて言えば、ジェット機の音を空港で聞いている、は、ちと大袈裟。上のひと、夜中に掃除するのは、いつものことです。
しかし、今日は音が違う。あ、ダイソン。おお、ダイソンの掃除機、買いましたか、とうとう。音よりも、買うまでに悩んだであろう日々を察すると、許せるわたし。おめでとう、どんどんやってください。